エイトコート | キングランリニューアル株式会社

トップページ エイトコート

エイトコート

新時代の外壁塗装 キングランオリジナル 外壁強化工法 エイトコート

特殊塗料を使った、ひとつ上の
キングランオリジナル外壁強化工法

8つの特徴を持ち外壁の強化と保護を同時に行います。

エイトコート施工例
素材の特長
今までの外壁塗膜には無かったゴムのような伸縮性を実現。建物の挙動や伸縮に対し、十分な追従性を発揮します。エイトコート塗膜は、気密性にも優れており、炭酸ガスによるコンクリートの中性化や塩害による鉄筋の腐食を防ぎます。 エイトコート 素材の特徴
エイトコートと通常工法の違い
エイトコートなら独自の5層工程と素材の特徴によって、亀裂・欠損での雨の侵入をシャットアウトします。
8つの特長
キングランエイトリニューアルとメーカーによる防水塗膜としての10年保証でしっかりガードします。
ベース樹脂に建築用防水塗膜剤のアクリルゴムを使用しているため、すぐれた防水性能を発揮します。
塗材中に短繊維を配合しているため、防水塗膜の欠点であった引裂強さが格段に改善されています。
塗膜は柔軟性にすぐれ、下地にひび割れが生じても塗膜が破断することなく追従し、雨などの外的要因から建物を守ります。
従来の強化工法はメッシュ貼を行いますが、エイトコートは塗材の中に短繊維を配合し、この工程を短縮することで、低価格を実現しました。
水系の専用下塗り剤、専用上塗り剤の組み合わせなので、臭いが少なく安全な施工方法です。工事中でも居住者はもちろん、近隣の方々にもご安心頂けます。
短繊維入り塗膜と柔軟性塗膜の二重効果で、表層モルタルや塗膜の浮きなどから起こる剥落を防止し、第三者災害を未然に防ぎます。
エイトコートのトップコート(最終仕上剤)は、対候性に優れた水性シリコン塗料です。多才な調色パターンの中からお客様のイメージに合わせた色を選んで頂けます。
エイトコート施工工程
施工工程
外壁劣化例
外壁の仕上げである塗膜は、下地コンクリートの乾燥・温度変化・挙動や伸縮によりひび割れが発生したり、雨・風・太陽熱などの自然環境の影響を受け、経年劣化していきます。仕上げ塗膜の劣化はやがて下地コンクリート躯体に影響を及ぼし、外壁の剥落などによる事故につながることもあります。 外壁劣化例
Copyright © キングランリニューアル株式会社. All Rights Reserved.