コラム

ペットと暮らす

ペットと暮らす

ペットリフォームのポイント

今やペットは愛玩動物というより「家族の一員」。
核家族・少子・高齢化が進む現代において、ペットの存在の大切さも見直されています。
ペットも家族同様に生活するスタイルが定着しつつある今、人とペットが快適に暮らせる住まいづくりをご提案します。

① ストレスフリーな環境

暮らし方や飼っているペットの種類に合わせて、ペットの生活範囲を設定して、ペットが落ち着けるスペースをつくり、サークルやハウスを用意します。入ってはいけない場所はきちんと区別し、自由に出入りできるスペースにはペット用のドアなど付けると快適です。

② 安全性の配慮

一般的なフローリングなど滑りやすい床材は、ペットの足に負担がかかります。防滑性のある床材を選び、また、クッション性もあると、さらに安心です。ペットが階段を使用する場合は、踏面にカーペットを敷くなど滑り止め対策を。

③ キズ・汚れに強い内装材

ペットとの暮らしの中で人の悩みの種なのが、床のキズや抜け毛、食べこぼし、粗相などの汚れです。キズや汚れに強く汚れてもお掃除が簡単な内装材を選ぶようにしましょう。

④ クリーンな空気環境

換気と適度な湿度調整は、ペットの臭いの定着を防ぐための重要なポイントです。湿度が高すぎると、カビやダニが繁殖しますし、過乾燥も、人はもちろん、犬や猫も皮フが乾燥し免疫力低下の原因にもつながります。換気システムや調湿・消臭機能のある内装材を取り入れて、空気環境を整えましょう。

⑤ 静かで安心できる音環境

ペットが外の音にストレスを感じないよう、ペットスペースの隣家や道路に近い窓は、遮音性の高い複層ガラスサッシや二重窓に。遮音性のあるカーテンも効果的です。ペットの足音が気になる場合は、カーペットを敷くと音を吸収するのでおすすめです。

※ページ内で使用している写真はイメージ写真です